1日10分、自宅で “あるコト” をするだけで、
黄ばんだ歯が驚くほど白くなる!?話題の裏ワザ

by株式会社ECスタジオ
2021.09.22

「あっ…今、目線が口元へ泳いだような…」

「歯」は相手の印象を大きく変える、重要なパーツだ。

黄ばんだ歯は “清潔感” が失われ、相手からの印象を大きく下げてしまう。

何とかして「白くて美しい歯」を手に入れられないものか。

今回は、そんな人に朗報だ。

実は最近、歯を白くする “画期的” な方法が話題になっているのだ。

それも、歯医者で行うような「医療的ケア」ではなく、自宅でカンタンにできるというから驚きだ。

今回は明日から出来る、「黄ばんだ歯を面白いほど白くする方法」をお伝えしたい。

そもそも「歯の黄ばみ」はなぜ起きるのか?

実は仕事のお供に長年付き合ってきた「タバコ」や「コーヒー」が大きく影響している。

通常、歯は「ペリクル」という唾液の成分でコーティングされている。

ペリクルとは「薄皮」という意味。

その名の通り、歯はペリクルという薄皮に守られているおかげで「汚れにくい」状態を保たれているのだ。

しかしこのペリクルは「強い粘着性」を持っているため、「タバコ」や「コーヒー」の成分と強く結びつくことで、歯に着色してしまうのだ。

他にも、

  • 紅茶
  • 緑茶
  • ワイン
  • カレー
  • チョコレート

なども同様の理由から、歯の黄ばみの原因になってしまう。

とはいえ、これまで仕事のお供にしてきた習慣を「きっぱり辞める」というのも難しい。

そこで現在、これらの「タバコ」や「コーヒー」を辞めずに、毎日のケアだけで、白い歯を手に入れる方法があると話題になっている。

その方法というのは、歯医者で施術する「ホワイトニング」だ。